FC2ブログ
2018/08/13

伊勢旅行記 ~内宮またまた倭姫~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

【前々記事】伊勢旅行記~外宮~
【前記事】伊勢旅行記~伊雑宮~ ~倭姫命旧跡地~

伊雑宮駐車場を出て、次に向かったのが伊勢神宮内宮。
到着したのは、9時40分過ぎ。

おかげ横丁の山野草店植物を物色しながらぶらぶらと歩くと、圧倒的な存在感の鳥居が・・・
鳥居をくぐると、神域と言うのでしょうね。
清涼な風を肌で感じたのと同時に、日の暖かさとは違った暖かさ?(温かさ?)を感じました。
RIMG2515.jpg

五十鈴川で清めて
RIMG2517.jpg

御本殿に
RIMG2522.jpg

荒祭宮に
RIMG2528.jpg

RIMG2529.jpg

御朱印をいただき
IMG_1393.jpg

全身に清々しさを感じ、気持ちは軽やかになり内宮を後にして、おかげ横丁で一休み
IMG_1361.jpg

休んだ後は山野草店で、とても状態の良い榊の苗木を2株購入し、妻の実家へ・・・

途中、と言っても妻の実家のすぐそばを走っていたら
「ここ、金毘羅さん。小さい頃ここのお祭りに来たんだ」と妻。

よく見てみると「倭姫命御陵」と
RIMG2533.jpg

車を止めて上へ
RIMG2534.jpg

RIMG2535.jpg

RIMG2537.jpg

RIMG2538.jpg

ご挨拶させていただき、車へ戻る為に下っていると
RIMG2541.jpg

宇治山田陵墓参考地?宮内庁管轄?
RIMG2540.jpg

調べてみると
倭姫命を埋葬したと伝えられる古墳があるとの事です。
ですが、宮内庁によって皇族の墳墓とされたが、被葬者を特定する資料に欠ける陵墓だそうです。

この旅行で倭姫命とご縁が出来たかもと勝手に思い込みww
この後、妻の両親からたっぷりと有難い荷物を持たされ、帰路につきました。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/08/13

伊勢旅行記 ~伊雑宮~ ~倭姫命旧跡地~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

【前記事】伊勢旅行記~ 外宮~

前夜のどんちゃんから、明けて4日の朝7時に妻実家を出発して向かったのは
内宮ではなく、志摩市磯部町に御鎮座されている「別宮伊雑宮」
RIMG2489.jpg

伊雑宮に到着したのが8時過ぎ。
社務所の前に行くと係の方から「これより朝の神事が始まりますので」とのことで、
朝の神事を見させていただきました。
(神事中の画像は割愛させていただきます)
RIMG2493.jpg

RIMG2496.jpg

RIMG2500.jpg

RIMG2501.jpg

神事が終わり私達も御神前に
RIMG2490.jpg

RIMG2491.jpg

御朱印をいただき
IMG_1394.jpg

毎年6月に御田植祭が行わるそうです
RIMG2514.jpg

個人的な感想ですが
前日の外宮、この後に行く内宮より清々しい清涼な空気と包み込まれる感覚を肌に感じましたが、
清々しくて清涼な中にも、何て言うのでしょうか・・・
ビシッ!としたものも感じ、「一点の曇りもない」というのはこういう事なのかと肌で感じました。
正直、あの感じを言葉や文字にするのは難しいです。

伊雑宮を後にして、徒歩5分のところにある「倭姫命旧蹟地」に行きました。
RIMG2505.jpg

RIMG2507.jpg

RIMG2508.jpg

RIMG2509.jpg

RIMG2513.jpg

RIMG2512.jpg

歴史的な事はこれからゆる~く調べていくとして

次の内宮またまた倭姫に続く

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/08/13

伊勢旅行記 ~外宮~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

8月3日、4日と妻と伊勢神宮に行って来ました。
2日仕事が終わって帰宅してからの23:30頃出発して、浜松に着いたのが明け方3時頃。
仕事疲れと運転疲れが重なって、ここで一旦仮眠。

朝起きると8時半頃。
伊勢に向けて出発しましたが、鈴鹿IC付近が先頭の自己渋滞で、到着したのは11:30頃。

立派な鳥居に圧倒され
RIMG2484.jpg

鳥居の向こうの神域に入ると、暑いけど清々しい空気に変わったのを感じました。
今まで参拝した神社とは明らかに肌に感じるものが違うというか・・・
なんか言葉や文字ではうまく表現できない不思議な感じなのです。



御朱印をいただいて
IMG_1392.jpg

豊受大御神様のいらっしゃる御本殿に
RIMG2487.jpg

御神前に立ち、手を合わせ、「何不自由なく生活できる事」への感謝を述べて外宮を後にしました。

この後
妻の実家に立ち寄り、親戚が集まりどんちゃんと夜はふけてゆくぅ~

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/07/22

風鈴市

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

今日は妻と二人で、川崎大師で開催されている風鈴市に行って来ました。
目的は、風鈴市限定御朱印をいただく事なのですが

で、チト話が変わって

昔話ですが
子供の頃、お正月に祖父母の住む家に行く時には決まって京浜急行大師線を利用していました。
川崎大師駅まで、ある種の苦行を思わせる激混みっぷりなのですが、この駅を過ぎるとガラガラになります。

ですが・・・

(ノ∀・)。・。ぁのネ…。ココダケノハンシ シッテルヒトワシッテルンダケド・・・
川崎大師に行くには川崎大師駅から行くより、一駅先の東門前駅の方が実は近いのです。

なので
東門前駅近くにある祈祷殿に車を止め、ここから御朱印をいただきました。
【祈祷殿】
IMG_1350.jpg

【御本殿】
IMG_1351.jpg

【不動堂】
IMG_1352.jpg

【薬師殿】
IMG_1353.jpg

次に風鈴を一通り見て回り、南部鉄器の風鈴と厄除けだるま風鈴を購入したら、
妻の顔が真っ赤っかだっだので急いで車に戻って、社内を冷やし、経口補水液を飲ませ、
太い血管が走っている箇所を冷やす処置をしながら帰宅しました。

最後に
今度の週末は、自衛隊時代の恩師の定年退官のお祝いを兼ねた入隊25周年の同期会があるので、
1泊2日で群馬県の伊香保温泉に行きます。
せっかくなので、榛名神社に参拝させていただこうと思います。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/07/16

若宮八幡宮

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

昨日、何気なくインスタグラムを見ていたら、
ある意味衝撃的、でも、なんだか可愛らしい・・・
そんな御朱印を見つけたので、川崎市川崎区川崎大師駅近くの若宮八幡宮に行って来ました。

↓御由緒的なのはコチラ↓
若宮八幡宮

こちら、大師河原の総鎮守。
元々は、東京都大田区東六郷地区に御鎮座されていた(?)(されている?)八幡塚六郷神社の氏子さんたちが
大師河原干拓の為に移り住んだ際に、守護神として祀ったのが始まりとの事です。
境内社に金山神社、藤森稲荷神社、大鷲神社、厳島神社があります。

IMG_1343.jpg
IMG_1341.jpg
IMG_1322.jpg
御本殿で、ご挨拶と日頃の感謝を述べ、隣の金森神社に移動です。
IMG_1344.jpg

こちらは、俗称で「かなまら様」と呼ばれ、鍛冶と性の神様とされています。
昔の川崎宿の飯盛り女達は、性病除けとして手を合わせたそうです。
現代は、夫婦円満と子宝の御利益があるとかないとか。
こちらのお社の周囲では「男根」のオブジェがちょいちょい目に入りますww
IMG_1327.jpg
IMG_1345.jpg

御朱印を待っている時ですが、σ(・ω・*)の後ろに並んでた方が、σ(・ω・*)の御朱印帳を見て、
この御朱印帳は何処で?と聞いて来ましたので、歌舞伎座の売店で購入しましたと答えたら、
Σ(・ω・ノ)ノ!ハッ となっていたのがちょっと微笑ましかったです。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村