FC2ブログ
2018/11/18

平成三十年十一月十五日御祭り

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

11月15日に当月2回目の月並祭を行いたかったのですが
仕事などの都合で、11月17日に行いました。

【神事執行前】
RIMG2844.jpg

<式次第>
・火の祓い(家中)
・祓詞奏上
・火の祓い(人と御神饌)
・献灯
・献饌
・大祓詞奏上(ひふみ含む)
・月次祭奉拝詞奏上
・稲荷祝詞奏上
・稲荷大神秘文奏上
・感謝と祈念
・撤饌
・消灯

【神事執行中】
RIMG2847.jpg

・生かしていただいている事に感謝
・当たり前に生活が送れる事に感謝
・家族の平和と安全を祈念
・五柱の神々様とご眷属様の弥栄を祈念
・(いつものお約束) 蝋燭がLEDでごめんなさい┏○ペコリ

以上で十一月度第二回御祭りは終了です。

11月25日は(電気通信)工事担任者の試験があるので、そろそろ追い込みに入ります。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018/11/10

スッキリ軽くなったぁ~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

メッチャ疲れてます。
体が重いです。
心が晴れないです。
鬱か?
いやいや ただの充電切れ寸前なだけです。

てな訳で、行って来ました「伏見稲荷大社」
金曜の夜9時頃家を出て、京都に着いたのが、午前3時ごろ。
2時間くらい車の中で寝て、お山に登り始めたのが6時頃。

map.jpg

IMG_1425.jpg
一の鳥居
IMG_1428.jpg

二の鳥居
IMG_1454.jpg
IMG_1432.jpg
IMG_1433.jpg

楼門
IMG_1450.jpg

狛狐さん 相変わらず凛々しいッス
IMG_1461.jpg
IMG_1464.jpg

外拝殿
IMG_1458.jpg

御本殿で、普段の感謝と登拝の安全を祈願して

鳥居をくぐって
IMG_1465.jpg

お守りをお返しして、大八嶋社へ
IMG_1468.jpg
IMG_1469.jpg
ご挨拶と感謝を申し上げ

その後、命婦社へ
IMG_1472.jpg
IMG_1473.jpg
こちら、塗り直しが終わっていました。
命婦社で、ご挨拶と普段の感謝を申し上げて・・・

鳥居群を抜けて奥社へ
IMG_1474.jpg
こちらでご挨拶と、普段の感謝を申し上げて

四つ辻
IM_1458.jpg
ここで少し休憩して、頂上の一ノ峰に向かいます(地図上では右回りコースです)

眼力社
IMG_1475.jpg
IMG_1477.jpg
IMG_1478.jpg
こちらでも、ご挨拶と感謝を申し上げ

眼力社の右隣には常吉大神様が
IMG_1476.jpg
こちらは電気に関する神様として、電気技術者、通信技術者の崇敬を集めています。
電気、通信技術者のσ(・ω・*)もご挨拶と感謝+立身出世の後押しをお願いして

頂上の一ノ峰に到着
IMG_1479.jpg
IMG_1480.jpg
こちらでもご挨拶と感謝を申し上げ、下山します。

下山途中、御前谷奉拝所近くの祈祷所の手前を歩いていると何処からか、何かが聞こえます。
音の方に歩くと、祈祷所で神職さんが朝のお勤めをされてましたので、終わるまで見学させていただきました。

こちら、山自体が神域ですが
四ツ辻を過ぎると素人のσ(・ω・*)でもガラッと空気が変わるのがわかります。
それは、ピンと張り詰めていても優しく包み込むような空気感と言う感じです。

個人的に感じた登拝前との変化は
四ツ辻を過ぎてから「気持ちが晴れない」「体が重い」が一気に解消され「体が軽く」「晴れやかな気持ち」になりました。
色々と穢れ(=気枯れ)ていたようです。

完全に疲労が抜けたぁ~

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/11/05

平成三十年十一月一日御祭り

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

最近、穏やかな心と言うのが、キーワードとなっています。
会社勤めをしていると、収入は安定しますが、心の安定とは程遠いです。
どう過ごしたり、どう切り替えていくのかを体得するのが学びなのでしょうか。
今度の週末、伏見でお山してこようと計画を立てっています。

さて、11月1日に月並祭を行いたかったのですが、仕事などの都合で、
11月4日に行いました。

【神事執行前】
RIMG2806.jpg

<御神饌>
今回は、伊勢神宮奉納米「伊勢ひかり」を御神前に奉納しました
RIMG2803.jpg
伊勢ひかりってなに?


<式次第>
・火の祓い(家中)
・祓詞奏上
・火の祓い(人と御神饌)
・献灯
・献饌
・大祓詞奏上(ひふみ含む)
・月次祭奉拝詞奏上
・稲荷祝詞奏上
・稲荷大神秘文奏上
・感謝と祈念
・撤饌
・消灯

【神事執行中】
RIMG2811.jpg

・生かしていただいている事に感謝
・当たり前に生活が送れる事に感謝
・家族の平和と安全を祈念
・五柱の神々様とご眷属様の弥栄を祈念
・(いつものお約束) 蝋燭がLEDでごめんなさい┏○ペコリ

以上で十一月度第一回御祭りは終了です。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/10/28

主義主張はわかるけど・・・

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

今回は完全なる独り言なので、適当にスルーしてください。

日本は宗教と政治が完全に切り離された政教分離を果たしている国家ですが、
他国から見ると、まるで信仰心の無い無宗教に見えたり節操が無いように見えるようです。

しかし、日本人はどの民族にも負けない程の深い宗教感情と深い信仰心を持っており、
それは過去の歴史を見ても、外国から入ってきた物、技術、思想などの大原則を変えず、
合うようにアレンジして自分達のものにして世に広めてきた懐の深さを持ち合わせています。

それは、過去から日本、日本人自らが多くの血を流して学んだ結果であって
「宗教的感情で政治が左右されてはいけない」
「自身の信仰のみを正義とし、それを押し付ける事の愚かさ」を学んだからです。

今の日本ほど、宗教と政治が分離された国家はないと思います。
恐らく根底にある原理原則は
「あらゆる政治思想は、宗教に左右されてはいけない」
「あらゆる宗教思想は、政治に左右されてはいけない」
となるのだと思います。

見回してみますと、神社界は「天皇陛下の退位」「政権政党」「憲法改正」で揺れ動いているように感じます。
「天皇陛下の元首化」であったり、「国家神道復活」であったり様々な主張を色々な神社の
神域内(鳥居の向こう)で見ることがあります。
しかし、その主張が「宗教的にどう正しいのか」と言う部分が決定的に抜け落ちているように思えます。
今のままの主張を続けていたら、印象操作等で権力者に都合よく利用されるだけになりかねないと
思えてなりません。

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村
2018/10/21

日月神事再び ~他もね~

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村

神道ランキング
↑よろしかったらポチお願いします┏○ペコリ

ど~も~ せい坊です┏○ペコリ
当ブログを見てくださって有難うございます┏○ペコリ
いつも見てくださっている皆様、拍手・ポチ有難うございます┏○ペコリ

昨年の8月に↓を投稿しました。
日月神示を読んでみた(理解はしてないけどね)

その後も色々と資料を読みましたが、一周回ってまたここに戻ってきました。
IMG_1442.jpg
読み進めるうちに「様々な側面のある神示」と感じました。
時代背景として昭和19年に千葉県成田市の麻賀多神社の末社天之日津久神社にて、
国常立尊による神示が、自動書記によって画家であり神典研究家であった岡本天明に~~云々
とあるので、一般的には「予言の書」の色が強調されていますが、「神祀りとは」「神と人との関係性」等々、
感じ方や解釈は人それぞれかなと思います。

色々な視点で、多様な解釈が出来るように読み進めていこうかなと。
多分、様々な解釈の元を深く辿れば同じところに行きつく様な気がする。


「お稲荷様と~」シリーズの第一弾「お稲荷様と霊能者」、第二弾「お稲荷様と霊験譚」に続き
第三弾「お稲荷様とご利益」が出ました。
IMG_1444.jpg
第三弾にありがちな内容でない事を祈りながら、時間を見つけて読もう

神道ランキング
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 神道へ
にほんブログ村